過去ログ

記事一覧

【.net VB】サウンドキータイマー1.0

サウンドキータイマーをアップデートし、1.0となりました。

------------------------------------------------------------
2017-01-25
1.0
・.NetFrameWork4.5以上対応としました
・WindowsXPを動作保証対象外としました
・管理者権限の変更を不要にしました(証明書は未取得なので"次の不明な発行元からの..."ダイアログは表示されます)
・Windowsシャットダウン時にアプリケーションを終了できない問題を修正しました
------------------------------------------------------------

操作方法:
1.「検出するキー」を0~9、F1~F12から選ぶ
2.タイマー秒数をカウントしたい数値にする
3.カウント開始を3~10秒の範囲で選ぶ
4.PageDownキーでキー監視を開始する
5.1で選んだキーを押すとカウントダウン開始

PageUpキー:タイマーの動作停止
PageDownキー:タイマーの動作開始
0~9、F1~F12:指定キー

・デフォルトでセットしてある音声以外は音声ファイル欄右のボタンをクリックすることで指定できます。
・再生できるダファイルの拡張子は「.wav」のみです。
・サウンドファイルが未設定の場合はカウントダウン中でも無音になります。
・カウントダウン中でもPageUpキーで中断します
・最小化しても動作します、タスクバーの小アイコンを左ダブルで最大化、右クリックでサブメニュー表示になります

管理者権限は不要(自動昇格)になりましたが、ユーザーアカウント制御で「不明な発行元ですが実行しますか?」みたいなダイアログは出ます。

本体ダウンロード
(Ver1.0/Windows Vista以降)
http://www.lbtg2.com/lbtg/l1db/SoundKeyTimer.zip

(Ver0.5b/Windows XP)
http://www.lbtg2.com/lbtg/l1db/SoundKeyTimer_old.zip

初めての方はお使いのOSに合わせて下記ファイルをインストールしてください。

.NET FrameWork 4.5(Windows Vista以降)
https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=30653

.NET FrameWork 4(Windows XP)
https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=17851

携帯だけじゃない、固定回線も「速度制限」―OCNが6月から

【通信】携帯だけじゃない、固定回線も「速度制限」―OCNが6月から混雑時に ©2ch.net
http://internetcom.jp/200322/speed-limit-of-the-fixed-line
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1456967769/

>オフィスや家庭に引いている固定回線でも新たな速度制限が進みそうだ。NTTコミュニケーションズ(NTT Com)のインターネット接続サービス「OCN」は6月1日から、混雑が発生すると通信量が多い回線から順に速度を抑えていくむねを発表した。

固定回線では一律xGBに到達したら速度制限というものが有名ですが、今後は自宅や周囲の状況に応じてなんとなく下げられちゃうみたいな具合になりそう。

対象となるサービスは、

------------------------------------------------------------
対象サービスをみると、個人向けは次の通り。

「OCN 光」
「OCN 光 with フレッツ」
「OCN 光 『フレッツ』」
「OCN for ドコモ光」

企業向けは次の通りだ。

「OCN 光」
「OCN 光 『フレッツ』」
「OCN 光サービス(F)」
「OCNバーチャルコネクトサービス」
------------------------------------------------------------

との事で上記サービスをご利用の方は注意が必要でしょうか。
これからは「ネトゲで露店放置しながら動画を見る」などといった暇潰しが難しくなるかもしれませんね。

iPhoneの時計を1970年に戻すと完全に使用不能になる恐れ

【スマホ】iPhoneの時計を1970年に戻すと完全に使用不能になる恐れ [無断転載禁止]©2ch.net

http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1455236259/

>iPhoneの時計を特定の日時に設定するとデバイスが使用不能になる、という重大なバグが見つかったようです。
この新しいバグは、時計を「1970年1月1日 13:00」に設定して再起動すると、アップルマークで止まってしまい、デバイスが起動しなくなるというものです。
この状態になると、デバイスの強制的な再起動や復元等でも元に戻らず、使用できない状態になるとのこと(いわゆる文鎮化)。

そんな事起こらないとは思うけど例えば時計を自動合わせにしていて、NTPサーバーがハッキングされ1970年にされちゃったら世界中で何億台のiPhoneが起動しなくなるか想像もつかない。

【EXCEL VBA】指定したネットワークプリンターで印刷するマクロ

ネットワーク接続の共用プリンターがオフィスでは最早当たり前でありますが、エクセルVBAにおいてはそのネットワークプリンターを選択するというのは中々難しいのが現状です。

「何が難しいのか、プリンター名で選択すればいいのでは?」とまぁそうなんですが、Windowsで認識されるネットワークプリンターというのはプリンター名の他に「NeXX:」というプリンタードライバー名には記載されないポート名が付与されています。

このXXの部分は概ねプリンターをインストールした順に連番が振られるのですが、プリンターセットアップ時に取得したXXと再起動後のXXが一致しないなど結構面倒でして、また個人でプリンターを追加/削除した際にXX部分の番号が入れ替わるなど汎用マクロを配布するには少々ハードルが高くなります。

通常の対策としてはプリントダイアログを表示させ、手動で印刷プリンターを選んでもらうのが一般的。


Application.Dialogs(xlDialogPrint).Show

一度選んだら複数枚印刷は前のプリンター名を引き継ぎますが、現在選択されているプリンター名だけではXXの部分が分からないので再指定に引数としては利用できません。(印刷処理をループさせていればいいですけどね)

複数枚印刷に毎回プリントダイアログで処理が中断するのでは省力化のためのマクロであるのにその意義が失われますし、なんとか指定プリンター印刷で自動化したいところ。

数年来の課題であったこの分がなんとか解消できたので自分メモとして残しておきます。



 '印刷できたかどうかのチェック用変数
 nechk = 0

 'プリンターポートの配列、同じネットワーク上に存在するプリンター台数以上にセットするのが好ましい
 ne = Array("P1", "Ne00:", "Ne01:", "Ne02:", "Ne03:", "Ne04:", "Ne05:", "Ne06:", "Ne07:", "Ne08:", "Ne09:", "Ne10:")

 For i = 0 To UBound(ne)
   Sheets("印刷シート名").Select
   On Error Resume Next
   Application.ActivePrinter = "指定プリンター名 on " & ne(i)
     If Err.Number <> 0 Then
     Else
       ActiveWindow.SelectedSheets.PrintOut Copies:=1, Collate:=True
       nechk = 1
       Exit For
     End If
     On Error GoTo 0
   Next

nechk=0ならプリントダイアログを出す事で未印刷を防げます。
単純にResume Nextを使うだけでは印刷がスルーされるだけで根本的な解決になりません。On Error GoTo 0(※ラベル0行は作らない)を使う事で、プリンターの取得に失敗してもループが継続するようになりました。

パラレル-LAN変換機器によっては"on P1"などの様にポート名を固定されるものもあり、それはこうしたポート名の変更による影響を受けないのですが、機器が混在する場合などにはやはり対策が必要でしょう。

以上俺メモ

「百度」提供のアプリ、スマホ乗っ取られる恐れ

【IT】 「百度」提供のアプリ、スマホ乗っ取られる恐れ (読売新聞) [無断転載禁止]©2ch.net
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160115-OYT1T50013.html
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1452798095/

>中国検索大手の百度(バイドゥ)が提供するアンドロイド用アプリ「Simejiプライバシーロック」(SPL)。情報セキュリティー会社トレンドマイクロ(東京)が昨年秋、百度の提供するアプリ開発キットに、外部からの侵入を許すバックドアを確認した。このキットで作られたアプリにはバックドアが仕込まれる。

simejiって顔文字が豊富だったり、キーボード背景を変更できたりと若い人には大人気なんですが中国産のアプリに対しては警戒感を持って利用するよう注意しましょう。

ちなみにsimejiは過去に入力データの内容がインターネット上に流出した事件を起こしています。たしか官公庁の業務メールだったと思いますけれど。

ページ移動